スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチッとお願いします
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コンビニとパチ屋を一緒にするな!

そういえば子供のころ、

トイレに行きたいと言ったら

父親に連れられてパチンコ屋に

入った経験が何度もあります。

これは我が家だけ?

団塊の世代の子供たちは

多かれ少なかれあったのではないでしょうか?

今のようにコンビニがない時代、

町にトイレがあると言ったらパチ屋、

お店も早く閉まる時代、

朝から晩まで開いているのはパチ屋、

よくよく考えるとトイレなんて

そんなになかった気がします。

パチ屋はその当時、

町に溶け込んでいたのかもしれません。

無意識に私たちの身近なものに

なってしまった感があります。

その後、パチ屋は急激に成長、

30兆円産業と言われるほどになり、

パチンコ人口は急激に増加します。

団塊の世代とその子供たちを中心に・・・。

コンビニとパチンコで思い出しましたが

東日本大震災の時、

当時の石原都知事が

「パチ屋が電気を浪費している」と

発言した後だと思いますが、

ダイナム(全国展開しているパチチェーン)の社長が

「コンビニとパチ屋の明かりは、

人々の希望と元気を与える必要な社会的インフラ」

「パチ屋を営業し続けることが

人々に明るい気持ちと元気を与える役割がある」

的なことを言ったことを思い出しました。

(一部不明瞭でしたのでWikipediaから抜粋)

パチ屋の明かりで希望と元気を与える?

なんでやねん!

そんな日本人おるんか?

営業したいだけと違うんか?

コンビニと一緒にするな!

当時は強く思いました。

ダイナムは義援金や寄付等

社会貢献もしていますが

私からすれば

庶民から吸い取った

利益での社会貢献。

やっぱり納得はできません。

もちろん、パチとスロを

やる方も悪いのですが・・・。

今日はこのへんで!

では! (`・ω・´)ノ

帰り際にポチ、ポチ、ポチっとお願いします。
元気が出ますので!
    ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
JA!JA!JA!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。